気象及び海象

過去問題

気象要素

気温・気圧・風向・風速・湿度・雲量・雲形・降水量など。

  • 10種雲形を全て挙げ、それぞれ高さ別に分類せよ。[H2610]

天気図

高気圧・低気圧
  • 低気圧、高気圧 ① それぞれの定義、 ② 高気圧でも注意すべき点<高気圧のへりの吹き出し>[H2610]
  • 台風と温帯低気圧の違いは?[H2510]
前線
  • 前線の種類(特徴などもかなり詳しく説明、特に温暖前線、寒冷前線の天気変化は?)[H2610]
  • 停滞前線の天気図上ではどう表されるか(ホワイトボードに書け)[H2610]
  • 霧ともやの違いは?[H2610]
  • 霧の発生原理[H2610]
  • 瀬戸内海、三陸沖の霧が発生する時期とメカニズムを述べよ。[H2610]
  • 三陸沖に発生する霧は?その霧が発生する原因は?[H2610]
  • 霧の種類(でき方・日本の主な発生地域)[H2510]
  • 海上における霧の発生原因、蒸気霧について述べよ。[H2610]
気圧の谷
  • 気圧の谷について(天気が悪くなる理由)[H2510]
  • 気圧の谷とは、そこでは天気は良い?悪い?(地上解析図を見ながら解答)[H2610]
天気図
  • 天気図(ASAS・FSAS)を見ながらの問題。(GWの意味。ASAS・FSASの意味)[H2510]
  • “[GW]”、“Z”、“ALOST STNR”の意味は?[H2610]
台風
  • 台風の定義、台風の可航半円、危険半円について[H2610TM]
  • 台風の進路予想[H2610]
  • 台風 ① 左半径と右半径の特徴 ② 台風の目で注意すべき点<風向変化による三角波>[H2610]

高層天気図

  • 高層天気図について(種類がわけられている理由・何に使用するか)[H2510]

出題細目

(1)気象要素

(2)各種天気図の特徴

高気圧,低気圧,前線,不安定線,気圧の谷,気団,霧,突風,季節風,地上天気図型

(3) 地上天気図の見方及び局地的な天気の予想

※(4)高層天気図の見方

(5)暴風雨の中心及び危険区域の回避

(6)気象海象観測並びにその観測上の通報手順,記録方式に関する知識

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする