船舶の構造,設備,復原性,損傷,制御

出題細目

(1) 船舶の主要な構造部差に関する一般的な知識

船舶の各部分の名称,船首構造,船尾構造,貨物倉,二重底,水密隔壁,舵,外板,甲板,フレーム,ビーム,キール,ビルジキール,ハッチ

(2) 船体要目

主要寸法,トン数,シヤ―,キャンバ

※(3) 主要設備の取扱い及び保存手入れ

操舵設備,楊びょう装置,係船設備,船内通信装置

※(4)主要用具の取扱い及び保存手入れ

いかり,びょう鎖,チェーンストッパー

(5) 入出渠及び入渠中の作業及び注意,船体の点検及び手入れ並びに溶接及び塗装に関する一般的な知識

(6)復原性及びトリムに関する理論及び要素

重心,浮心,メタセンタ,GM,復原力

乾舷その他の復原性に関する要素

同調作用

動揺周期

喫水及びその標示

満載喫水線の種類及びその標示

海水の比重による喫水の変化,トリムの変化

喫水による載貨重量の測定,自由水が復原力に及ぼす影響

(7) トリム及び復原性を安全に保つための措置

(8)区画室に損傷が生じ、その区画浸水がトリム及び復原性に及ぼす影響並びにこれに対応してとるべき措置

(9) 復原性,トリム及び応力に関する図表

(船体応力を許容限度内に保つための貨物の積付け及びバラスト調整に関する知識を含む)

※(10) 応力計算後の使用法

(船体応力を許容限度内に保つための積付け及びバラスト調整に関する知識を含む。)

※(11) 船舶の復原性に関するIMOの勧告についての知識

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする