操船

出題細目

(1)船舶の操縦性能

舵及びスクリュープロペラの作用,停止距離,旋回圏,スクオート,横揺れ及び縦揺れによる余裕水深の減少,操船に及ぼす浅い水域,風,波,及び流潮の影響,通過する船舶間の相互作用,側壁影響,損傷回避のための減速航行,操船上の推進機関の特徴

(2)一般運用

(ア)入出港

(イ)岸壁及び係船ブイの係留及び解らん

(ウ)びょう泊,びょう地の選定,伸出びょう鎖長及び走びょう

(エ)いかり作業

(オ)いかりの利用

(カ)タグ使用上の注意

(3) 特殊運用

(ア)水先船又は水先人乗下船場所に接近する場合における操船

(イ)浅い水域,礁海,氷海,流氷海域,狭水道,河川,河口等における操船

(ウ)狭視界,荒天及び空船の場合における操船

(エ)荒天時に救命艇又は救命いかだを降下する場合における操船上の注意

(オ)救命艇等からの生存者の収容方法

(カ)曳航

(キ)分離通航方式のとられている水域における操船

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする