三級海技士(機関)機関1 筆記問題 その16

問題

四サイクルディーゼル機関のシリンダライナに関する次の問いに答えよ。【出題:23/02,26/02(平成/月)】

(1) ライナは,どのような要領で抜き出すか。(略図を描いて説明せよ。)
(2) 抜き出したライナの冷却水側について,どのような事項を検査するか。

※ 出題時期は,平成22年10月から平成29年4月定期試験までを調べたものです。

コメント

ライナーの抜き出しに限らず機器を開放する際の基本は,開放する前の位置に戻すこと。では,そのためには,何をすべきか?

そして,開放を行う際には,必要な工具を揃えるわけですが,ライナの抜き出しの様な場合には,専用の工具が存在します。(1)の解答としては,その専用工具をどのように取り付け,どのように取り扱うかがメインの解答となります。

もちろん,ライナを抜出す前には,ライナに付属しているもの,抜き出しの際に邪魔になるものを取り外しておく必要があります。この辺りを具体的に解答に盛り込みましょう。

また,ライナの外側は,冷却水の通路となっていますので,ライナ抜き出しの際に,その汚れがクランクケース内に落下する恐れがあります。そのための対応も必要ですね。

(2)の解答については,まず汚れですね。どのようなものによって汚れるか具体的に書きましょう。あとは,損傷の有無,どのような損傷がどこに発生するのかが分かるように書きましょう。そして,海水冷却の場合は,腐食防止のために取り付けられているものの状態を確認しなければなりませんね。それらを具体的に記載できるようにしましょう。

乗船中の皆さんは,ぜひ,ディーゼル機関の取扱い説明書をご確認ください。

参考図

以下は,抜き出し工具の使用の一例です。