3E機関1 筆記試験問題(21)ディーゼルノック

以下は,ディーゼルノックに関する三級海技士(機関)の筆記試験の過去問題です。

※ 出題時期は,平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。(類)は,類似の問題を示します。解答は一緒です。「平成/年」を数字で示しております。

〔問題〕ディーゼルノックに関する次の問いに答えよ。

(1) ディーゼル機関のシリンダ内における正常燃焼とディーゼルノック発生時の燃焼は,手引き線図では,どのように表されるか。(手引き線図を描いて相違点を説明せよ。)【出題:24/10,25/07(類),28/10】

(2) ディーゼルノックの発生を防止するには,どのような方法があるか。
【出題:24/10,28/10】

コメント

(1) まず,ディーゼルノックとは,どのような現象でしょうか。そして,手引き線図とは,どのような線図でしょうか。

(2) ディーゼルノックは,どのような時に起きやすいのか。
その辺りを調べて,参考書の答えを自分なりに編集してみてください。

参考サイト

ディーゼルエンジンの燃焼,日本財団図書館

参考写真

手引き線図(上手くないですが・・・)

インジケータ

機関長コース
このページでは,海技士試験(機関)の情報を提供していきます。 三級海技士(機関)筆記試験問題 機関1 その21(ディーゼルノッ...