三級海技士(機関)機関二 筆記問題 空気圧縮機(3)

三級海技士(機関)機関二 筆記問題 空気圧縮機(3)

以下は,三級海技士(機関)筆記試験,機関二に関する過去問題です。

※ 出題時期は,平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。

問題

制御用圧縮空気装置に関する次の問いに答えよ。【出題:28/04】

(1) 電動機駆動の空気圧縮機は,何を検出して自動発停するか。
(2) アンローダは,圧縮機をどのようにして無負荷で始動させるか。
(3) 圧縮空気中の水分を除去するには,どのような方式の機器があるか。(3つあげよ。)

解答

(1) 空気槽の圧力を検出し,圧力スイッチによって自動発停する。

(2) 圧縮機の吸入弁の開放や,吸入空気口の閉鎖,または送出し空気口の開放を行って無負荷(軽負荷)状態として始動させる。

(3) 以下のうち3つ選び解答する。

① ドレン分離器
② 冷凍式除湿器
③ 乾燥剤式除湿器(吸着式除湿器)
④ 膜式(メンブレン式)除湿器

参考文献

機関科口述試験研究会編:機関科三級 口述標準テスト,海文堂,1999年

東京海洋大学海技試験研究会編:海技士3E 徹底攻略問題集,海文堂,2011年

機関技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(機関)800題 平成28年度版,成山堂書店,2016年

機関技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(機関)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...