「 三級海技士航海筆記 」一覧

3N 航海 筆記試験問題 天文航法 その3

3N 航海 筆記試験問題 天文航法 その3

〔問題〕 大洋上において,天体によるコンパス誤差の測定には,(A)北極星方位角法,(B)出没方位角法及び(C)時しん方位角法が主として用いられる。これら3つのうち,下の(1)~(3)に最も適合するものはどれか。それぞれ記号で答えよ。 (1) 水平線が見えなければ行うことができない。 (2) 地域的に実行が制約される。 (3) 船用基準時計示時を秒まで正確に読む必要がある。 【出題:21/07,23/04,25/04,26/07】

3N 航海 筆記試験問題 沿岸航法(避険線 応用編)

3N 航海 筆記試験問題 沿岸航法(避険線 応用編)

右図は,霧中,沿海を航行中,レーダー表示面に現れている沿岸地形の映像を示したものである。小島(A)の付近には暗岩が点在し,警戒を要する海域であるが,これらから十分な安全距離を保って航行するには,レーダーによりどのような避険方法をとればよいか。図示して説明せよ。