3N 法規 筆記試験問題 運転不自由船の灯火

3N 法規 筆記試験問題 運転不自由船の灯火

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上衝突予防法及び同法施行規則)に関する過去問題です。
※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

夜間航行中の一般動力船(長さ25メートル)が,機関故障のため運転不自由船となった場合:

(1) 最も見えやすい場所にどのような灯火を掲げなければならないか。
(2) 下の表の法定灯火に対する処置を「点灯」又は「消灯」の語句で記号とともに記せ。 (解答例:(キ)点灯)

対水速力が有る場合 対水速力が無い場合
マスト灯 両舷灯 船尾灯 (1)の灯火 マスト灯 両舷灯 船尾灯 (1)の灯火
(ア) (イ) (ウ) 点灯 (エ) (オ) (カ) 点灯

【出題:21/02,22/10,29/02】

ヒント

(1) 海上衝突予防法 第27条
(2) 海上衝突予防法 第27条

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 航海(全問掲載済み) 平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。 航海計器 ...