3E執務一般 筆記問題 荒天航海における注意

3E執務一般 筆記問題 荒天航海における注意

以下は,三級海技士(機関)筆記試験,執務一般に関する過去問題です。

※ 出題時期は,平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。

問題

荒天航行中,機関室内で整備作業を行う場合,注意しなければならない事項をあげよ。

【出題:27/04】

コメント

そもそも ,基本的に荒天航海中の整備作業は,出来る限り控えるべきでしょう。
それでも必要最小限のことを行わないと,機関が止まってしまうおそれがありますので,やるべきことは,やるのですが。
まずは,作業を行っている時に災害の防止に努めることでしょう。
そのために,どのような準備をして,どのように作業を行わなければならないか。
作業が終わったら,どうすべきか。
こういったことを箇条書きで解答しましょう。