三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 港則法 その他(1)

三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 港則法 その他(1)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(港則法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

港則法に関する次の問いに答えよ。

(1) 本法の規定によると,船舶は,航路内においては,どのような場合を除いて,投びょうし,又はえい航している船舶を放してはならないか。

【出題:22/02,24/07,26/10,29/02(「本法の規定によると,」なし)】

解答

① 海難を避けようようするとき。
② 運転の自由を失ったとき。
③ 人命又は急迫した危険のある船舶の救助に従事するとき。
④ 港則法第31条の規定による港長の許可を受けて工事又は作業に従事するとき。

(港則法第13条)

第十三条 船舶は、航路内においては、左の各号の場合を除いては、投びようし、又はえい航している船舶を放してはならない。
一 海難を避けようとするとき。
二 運転の自由を失つたとき。
三 人命又は急迫した危険のある船舶の救助に従事するとき。
四 第三十一条の規定による港長の許可を受けて工事又は作業に従事するとき。

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。