三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 計算(9)清水の移動

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 計算(9)清水の移動

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

甲丸は,A港に入港したときの平均喫水は7.05mで,同港で燃料油300トン,貨物750トンを積載した。次の問いに答えよ。ただし,停泊中の燃料油及び清水等の消費は考慮しないものとし,また,燃料油等の積載後もTPC(毎cm排水トン数)及びMTC(トリムを1㎝変えるのに要するモーメント)は変わらないものとする。

【出題:21/07】

(1) TPCを20.0トンとして,A港を出港するときの平均喫水を求めよ。

(2) 燃料油及び貨物の積込み終了時,0.80mの船首トリムになる予定である。清水を船首水倉(forepeak tank)から船尾水倉(after-peak tank)に移動し,イーブンキールとするためには,何トンの清水を移せばよいか。ただし,MTCは145.0t-m{1450kN・m},両水倉間を移動する清水の重心の水平移動距離は120mである。

注:{ }内の数値は,SI(国際単位系)によるものである。計算はどちらで行ってもよい。

類似問題(上記問題の数値が異なるのみ)

【出題:24/02】平均喫水6.90m,燃料油400トン,貨物650トン,(1) TPC:21.0トン,(2) 0.65mの船首トリムMTC:140.0t-m{1400kN・m},水平移動距離120m

【出題:27/10】平均喫水9.00m,燃料油320トン,貨物650トン,(1) TPC:42.0トン,(2) 0.20mの船首トリムMTC:350.0t-m{3500kN・m},水平移動距離150m

【出題:29/07】平均喫水5.60m,燃料油380トン,貨物840トン,(1) TPC:32.0トン,(2) 0.50mの船首トリムMTC:276.0t-m{2760kN・m},水平移動距離170m

解答

(1) TPC=T=20.0(トン),Δw=300+750=1050(トン),喫水平均沈下量をΔd,A港出港時の平均喫水をdmとすると,

答:7.58m

(2) トリムの変化量をt,移動する清水量をw,清の水平移動距離をdとすると,

より,

このため

w=96.7

答:97トン

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。