三級海技士(機関)機関二 筆記問題 甲板機械(10)

三級海技士(機関)機関二 筆記問題 甲板機械(10)

以下は,三級海技士(機関)筆記試験,機関二に関する過去問題です。

※ 出題時期は,平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。

問題

電動油圧操舵装置に関する次の問いに答えよ。

電動油圧操舵装置に装備されている次の(1)~(3)の役目について,それぞれ記せ。

(1) 交通弁(バイパス弁)

(2) 防衝弁(逃し弁)

(3) 逆転防止装置 【出題:28/07】

解答

(1) 交通弁(バイパス弁,近路弁):かじを自由にする必要のある場合,操舵中に油圧シリンダの不要の出口と入口を共通する必要がある場合にバイパスの役目をする。

(2) 防衝弁:かじに衝撃があった場合に,油圧管とかじを保護する目的でポンプの両側を共通させるばね式の安全弁である。

(3) 逆転防止装置:電源を喪失し油圧ポンプが停止した場合に,かじの位置により水圧のため,ポンプが逆転し電動機が逆転することを防止する役目をする。

参考文献

機関科口述試験研究会編:機関科三級 口述標準テスト,海文堂,1999年

東京海洋大学海技試験研究会編:海技士3E 徹底攻略問題集,海文堂,2011年

機関技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(機関)800題 平成28年度版,成山堂書店,2016年

機関技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(機関)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...