三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 相互作用

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 相互作用

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

2隻の船が接近して航走する際に起こる相互作用の大小を,次の(1)及び(2)の場合について,それぞれ述べよ。

(1) 両船の接近距離(間隔)が大きい場合と小さい場合

(2) 両船の速力がともに大きい場合と小さい場合

【出題:21/02,22/07,25/07,27/10】

解答

(1) 両船の接近距離が小さいほど,相互作用の影響が大きい。(一般にL+L’(両船の長さの和)程度以下の距離に入ると,この作用が発生する。)

(2) 両船が高速で航行するほど,相互作用の影響が大きい。(高速で航行するほど,船速の圧力変化が大きく造波が激しいので相互作用は大きい。)

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...