二級海技士(航海) 航海筆記問題 ドップラーログ

二級海技士(航海) 航海筆記問題 ドップラーログ

以下は,二級海技士(航海)の筆記試験における,航海に関する過去問題です。

※ 出題は,平成18年7月から平成30年10月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

【出題:18/07,20/04,22/02,23/10,24/10,25/10】

ドップラーログの速力検出の原理を述べよ。

問題2

【出題:19/04,22/04,24/07】

ドップラーログは、他のログと比べ、どのような特徴があるか。4つあげよ。

問題3

【出題:19/07】

ドップラーログでは、前と後方向に音波ビームを出すことにより、船体の上下運動による誤差を防止している。その原理について述べよ。

問題4

【出題:20/07】

ドップラーログでは、船体の上下運動による誤差をどのようにして防止しているか。その原理について述べよ。

問題5

【出題:21/10(防止),23/04,25/02】

ドップラーログでは、船体の上下運動による誤差をどのようにして補正しているか。その原理について数式を用いて説明せよ。

問題6

ドップラーログに関する次の問いに答えよ。

(1)対地速力が測定できるのはどのような場合か。

【出題:19/10,21/02,22/07,24/04,30/10】

(2)速力の測定精度に影響を与える事項を3つあげよ。

【出題:19/10,21/02,22/07,24/04, 25/10,30/10】

二級海技士(航海)筆記問題
二級海技士(航海)の問題集を掲載します。