二級海技士(航海)筆記問題(運用):船体着氷

二級海技士(航海)筆記問題(運用):船体着氷

以下は,二級海技士(航海)の筆記試験における,航海に関する過去問題です。

※ 出題は,平成18年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

船体着氷に関する次の問いに答えよ。

(1) どのような気象条件のときに船体着氷が生じやすいか。気温、海水温度及び風速について述べよ。

(2) 航行中の船体着氷が危険である理由を述べよ。

(3) 船体着氷をできるだけ防止するには、どのようにすればよいか。

【出題:18/07,19/07,20/10,22/02,23/02,24/10,25/10,26/10,27/07,28/10,29/07】

二級海技士(航海)筆記問題
二級海技士(航海)の問題集を掲載します。