ちいさなふなのるくんの大冒険(迷子編) プロローグ

ぼくは、ふなのるくん。

船乗りのお兄さんのために、恋人のお姉さんがこるくで作ったお守りなんだ。

でも、ある夏の日、頭のくさりが取れて、お兄さんから落ちてしまったんだ。

くさりが外れて地面に落ちた時、ぼくは、動けるようになったんだ。

だけど、お兄さんは、ぼくが落ちたことに気づかず、大きな段ボールを荷台に載せた自転車に乗って、どこかへ行ってしまったんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする