3N 法規 筆記試験問題 衝突を避けるための動作

3N 法規 筆記試験問題 衝突を避けるための動作

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上衝突予防法及び同法施行規則)に関する過去問題です。
※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

針路のみの変更が他の船舶に著しく接近することを避けるための最も有効な動作となる場合があるのは,どのような要件を具備して行う場合に限られるか。要件を4つあげよ。

【出題:22/02,23/04,28/10,30/02】

問題2

船舶が衝突を避けるための動作をとる場合,次の(1)~(3)の事項については,それぞれどのように規定されているか。

(1) 針路又は速力の変更

(2) 広い水域における針路の変更

(3) 他の船舶との間の距離と,とった動作の効果の確認

【出題:20/07,24/04,27/07,29/04(1)(3)】

ヒント

問題1は,海上衝突予防法 第8条 第3項を箇条書きに分解して答えて下さい。

問題2は,それぞれ,海上衝突予防法 第8条 第2項第3項第4項をご参照ください。

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。