3N 法規 筆記試験問題 海上衝突予防法 第35条 第2~8項

3N 法規 筆記試験問題 海上衝突予防法 第35条 第2~8項

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上衝突予防法及び同法施行規則)に関する過去問題です。
※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

視界制限状態にある水域において次の(1)~(3)の船舶は,それぞれどのような音響信号を行わなければならないか。

(1) 航行中の喫水制限船に該当するタンカー(長さ250メートル)
(2) びょう泊して漁ろうに従事している船舶(長さ30メートル)
(3) 微速力で航行している貨物船(長さ60メートル)

【出題:20/10,22/07,25/07,30/02】

ヒント

海上衝突予防法 第35条 第2項
海上衝突予防法 第35条 第4項
海上衝突予防法 第35条 第8項

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。