三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 港則法 防波堤入口(1)

三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 港則法 防波堤入口(1)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(港則法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

右図は,港則法に定める特定港において,出航する動力船A丸(総トン数550トン)と入航する動力船B丸(総トン数1200トン)とがそのまま進行すると,防波堤の入口付近で出会うおそれがある場合を示す。次の問いに答えよ。

(1) この場合に適用される航法規定を述べよ。
(2) A丸は,どのような処置をとらなければならないか。
(3) B丸は,どのような処置をとらなければならないか。

【出題: 20/07,22/07,25/10,28/07】

ヒント

港則法 第15条

第十五条 汽船が港の防波堤の入口又は入口附近で他の汽船と出会う虞のあるときは、入航する汽船は、防波堤の外で出航する汽船の進路を避けなければならない。

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。