三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 船員法 その2

三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 船員法 その2

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(港則法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

船長は,どのような書類を船内に備え置かなければならないか。(ただし,国土交通省令の定める場合を除く。) (船員法)

【出題:21/02,22/07,24/02】

問題2

船員法第18条の規定によると,船長は,国土交通省令の定める場合を除いて,どのような書類を船内に備え置かなければならないか。 【出題:26/04,28/04】

解答

① 船舶国籍証書又は国土交通省令の定める証書
② 海員名簿
③ 航海日誌
④ 旅客名簿
⑤ 積荷に関する書類
⑥ 海上運送法第26条第3項に規定する証明書

(船員法 第18条)

(書類の備置)
第十八条 船長は、国土交通省令の定める場合を除いて、次の書類を船内に備え置かなければならない。
一 船舶国籍証書又は国土交通省令の定める証書
二 海員名簿
三 航海日誌
四 旅客名簿
五 積荷に関する書類
六 海上運送法(昭和二十四年法律第百八十七号)第二十六条第三項に規定する証明書
② 海員名簿、航海日誌及び旅客名簿に関し必要な事項は、国土交通省令でこれを定める。

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。