三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 船員労働安全衛生規則 その6

三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 船員労働安全衛生規則 その6

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(船員労働安全衛生規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

船員労働安全衛生規則第26条(床面等の安全)について,船舶所有者は,作業場所及び通路の床面における安全を確保するため,どのような措置を講じなければならないか。

【出題:28/07,30/02】

ヒント

(床面等の安全)
第二十六条 船舶所有者は、作業場所及び通路の床面をつまづき、すべり、踏み抜き等のおそれのないよう必要な措置を講じなければならない。

2 船舶所有者は、作業場所、通路又は昇降設備における突出部分で作業又は通行の際に接触し、又は衝突して危害を生ずるおそれのあるものを被覆する等適当な措置を講じなければならない。

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。