三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 天気図(1)

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 天気図(1)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

下図A~Dは地表面に対する各種前線の断面を模型的に描いたものであり,Aは停滞前線を示す。次の問いに答えよ。【出題:20/07,22/02,23/04,25/04,27/10,29/10】

(1) B~Dを転記し,Aにならい,それぞれの該当する位置に各前線の天気図記号と前線名を記入し,その進行方向を矢印(→)を示せ。

(2) Bはどのようにして生じる前線か。

(3) Dの前線が近づいてくる前兆として,まず多く見られるのはどのような名称の雲か。

解答例

(1)図のとおり

(2) 寒冷前線の速度が温暖前線の速度より速く,これに追いついて生じる前線。

(3) 巻雲,巻層雲

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...