三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 風・気圧傾度力(2)

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 風・気圧傾度力(2)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

右図は,北半球における地上風(⇒)が,ア~ウの3力に関係があることを示す。ア~ウはそれぞれ何という力か。ただし,縦の平行線は等圧線を示し,それぞれの気圧はヘクトパスカル(hPa)で表されている。

【出題:21/02, 22/10,24/04,25/10,27/04,29/10】

問題2

北半球における風向の偏向に関する次の問いに答えよ。

【出題:21/04,22/02,23/07】

(1) 風が気圧傾度力の方向よりも右に偏向するのは,何の影響によるか。また,この偏向する角度は,低緯度地帯と高緯度地帯とではどちらが大きいか。

(2) 地表上の高さ約400m以下の大気下層において,地表に近づくほど風向を大きく偏向させる力を何というか。また,その力は海上と陸上とではどちらのほうが大きいか。

解答1

ア:気圧傾度力 イ:コリオリ力 ウ:摩擦力

解答2

(1) コリオリ力(地球自転の偏向力),高緯度の方が大きい

(2) 摩擦力,陸上の方が大きい

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...