三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 機関(1)

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 機関(1)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

右図は,舶用四サイクルディーゼル機関の作動行程(4行程)を示す略図である。図の(1)~(4)は,それぞれどのような作動行程を示しているか。下の枠内の(ア)~(カ)の中から選び,番号と記号で答えよ。

〔解答例:(5)-(キ)〕
(ア)吸気 (イ)排気
(ウ)膨張 (エ)圧縮
(オ)蒸発 (カ)冷却

【出題:20/07,28/10,29/07】

解答

(1)-(ア) (2)―(エ) (3)―(ウ) (4)―(イ)

【参考】

① 吸気行程:この行程は空気の取り込みを行う行程で,排気弁を閉じ,吸気弁を開いて空気をシリンダー内へ吸入する。

② 圧縮行程:この行程は吸気弁,排気弁は閉じて,ピストンが上方に向かいシリンダー内の空気が圧縮される。

③ 膨張行程:この行程では,ピストンが上端に達した時,燃料を噴射すると同時に着火し,燃焼してピストンを下方に押し出す。

④ 排気行程:この行程では,ピストンが下端に達する前に排気弁を開いて,排気を放出しながら上端に達する時に閉じる。

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...