二級海技士(航海) 航海筆記問題 航路標識

二級海技士(航海) 航海筆記問題 航路標識

以下は,二級海技士(航海)の筆記試験における,航海に関する過去問題です。

※ 出題は,平成18年7月から平成26年7月定期試験まで及び平成30年10月の問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

【出題:18/10,21/02,22/07,24/4,25/04,26/07】

日本の浮標式〔IALA海上浮標式(B地域の方式)〕における各「方位標識」の灯質を述べよ。

問題2

【出題:20/02,21/07,23/7,23/10】

日本の浮標式〔IALA海上浮標式(B地域)〕における「安全水域標識」及び「孤立障害標識」の灯質を述べよ。

問題3

IALA海上浮標式に関する次の問いに答えよ。

(1)「A地域」と「B地域」とでは標識のどのような点が異なっているか。
【出題: 19/10,20/10,21/10,22/10,24/02,24/10,25/10】

(2)「A地域の方式」又は「B地域の方式」を採用している国名をそれぞれ3つずつあげよ。
【出題: 21/10,24/02,25/07】

問題4

【出題:30/10】

灯台表に掲載されている光達距離には,どのようなものがあるか。種類をあげて説明せよ。

問題5

【出題:19/07,20/07,22/04,23/04,24/07,26/02】

船舶通航信号所の情報を利用するにあたって、注意しなければならない事項を述べよ。

二級海技士(航海)筆記問題
二級海技士(航海)の問題集を掲載します。