3N航海 筆記試験問題 ロラン

おはようございます。

本日は,ロランに関する問題です。

しかしながら,ロランに関する問題は,平成21年7月の定期試験を最後に出題されておりません。

さらに,日本のロランC局は,平成27年2月に全て廃止されました。

海技塾では,現在,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べた過去問題を掲載しているため,一応,掲載しておきます。

こんなものがあったんだな~ということで,ご参考までに。

なお,出題時期は,「平成/年」を数字で示しております。

問題1

ロランC方式において,1組のチェーンを構成する主従局の局配置の例を2つ図示せよ。

【出題:20/10】

問題2

双曲線航法におけるロランC方式に関する次の問いに答えよ。
(1) ロランC方式における使用電波の周波数はいくらか。
(2) 有効範囲は,どのような要素によって変化するか。

【出題:21/02】

問題3

ロランで正しい船位を求めるために,ロラン局の選定についてはどのような注意が必要か。3つあげよ。

【出題:21/07】

参考サイト

慶佐次ロランC局の廃止について:海上保安庁

船長コース
このページでは,海技士試験(航海)の情報を提供していきます。