3N 法規 筆記試験問題 分離通航方式

3N 法規 筆記試験問題 分離通航方式

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上衝突予防法及び同法施行規則)に関する過去問題です。
※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

法第10条(分離通航方式)について:

(1) 長さ20メートル以上の動力船は,沿岸通行帯に隣接した分離通航帯の通航路を安全に通過することができる場合は,原則として沿岸通航帯を航行してはならないが,やむを得ずこの沿岸通航帯を航行することが認められるのはどのような場合が。1例をあげよ。

(2) 分離通航帯の出入口付近において,船舶が守らなければならない事項をあげよ。

【出題:20/07,24/02,26/10,28/10,30/02】

問題2

法第10条(分離通航方式)の航法規定について:

(1) 通航路の横断については,どのように規定されているか。

(2) 通航路を横断しようとする漁ろうに従事している船舶と通航路をこれに沿って航行している一般動力船とが衝突のおそれがあるときは,どちらの船舶が避航船となるか。

(3) 分離通航帯の出口付近において,船舶が守らなければならない事項をあげよ。

【出題:22/07,25/10,26/04,27/10,28/10(2)】

ヒント

問題1

(1) 海上衝突予防法 第10条 第4項から1つ選ぶ

(2) 海上衝突予防法 第10条 第10項及び第11項

問題2

(1) 海上衝突予防法 第10条 第3項

(2)海上衝突予防法 第10条 第7項

(3)海上衝突予防法 第10条 第10項及び第11項

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 航海(全問掲載済み) 平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。 航海計器 ジャイロ...