3N 法規 筆記試験問題 びょう泊中の灯火に関する問題

3N 法規 筆記試験問題 びょう泊中の灯火に関する問題

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上衝突予防法及び同法施行規則)に関する過去問題です。
※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

次のびょう泊中の船舶のうち,最も見えやすい場所に白色の全周灯1個だけを掲げる船舶はどれか。

(1) 漁ろうに従事している船舶(長さ25メートル)
(2) 操舵装置を修理している船舶(長さ30メートル)
(3) しゅんせつ作業に従事している船舶(長さ45メートル)
(4) 入港船を待ち受けている水先船(長さ15メートル)

【出題:24/02,25/02,27/07】

ヒント

(1) 海上衝突予防法 第26条 
(2) 海上衝突予防法 第27条 第1項及び第30条 第1項 第1号
(3) 海上衝突予防法 第27条 第4項
(4) 海上衝突予防法 第29条

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 航海(全問掲載済み) 平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。 航海計器 ...