3N 法規 筆記試験問題 灯火に関する問題(応用編2)

3N 法規 筆記試験問題 灯火に関する問題(応用編2)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上衝突予防法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

夜間,航行中の動力船Aが,正船首方向に他の船舶Bの灯火を右図のように認め,互いに接近する場合:

(1) Bは,どのような船舶か。
(2) この場合に適用される航法は何か。(「……の航法」の要領で答えよ。)
(3) Aがとらなければならない航法上の処置を述べよ。

(注:は白灯,は紅灯,は緑灯を示す。)

【出題:23/07,30/02】

問題2

夜間,航行中の一般動力船Aが自船の左げん前方に右図のような他船Bの灯火を認め,方位が余り変わらず接近する場合:

(1) B船は,どのような船舶か。
(2) この場合に適用される航法は何か。(「……の航法」の要領で答えよ。)
(3) B船は,昼間であれば,どのような形象物をどのように掲げているか。図示せよ。

(注:は白灯,は紅灯,は緑灯を示す。)

【出題:22/02,25/04,29/07】

ヒント

海上衝突予防法 第18条
海上衝突予防法 第26条 第2項

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。