3N 法規 筆記試験問題 海上衝突予防法 第34条 第6項

3N 法規 筆記試験問題 海上衝突予防法 第34条 第6項

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上衝突予防法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

法第34条第6項の警告信号(わん曲部信号)について:

(1) 船舶は,どのような場合に,この信号を行わなければならないか。
(2) どのような方法で行わなければならないか。
(3) この信号を行っている船舶に接近する他の船舶が,この信号を聞いたときは,どのようにしてこれに応答するか。

【出題:20/07,22/10,24/10,26/02,27/02,29/04】

問題(類似)

障害物があるため他の船舶を見ることができない狭い水道等のわん曲部に接近する船舶は,どのようにしなければならないか。

【出題:24/04,28/02, 29/10】

ヒント

海上衝突予防法 第34条 第6項

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。