三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 海上交通安全法 海底電線の敷設作業

三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 海上交通安全法 海底電線の敷設作業

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上交通安全法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

海上交通安全法の適用海域内にあって,航路及びその周辺の政令で定める海域以外の海域において,海底電線の敷設作業を行っているため,接近してくる他の船舶の進路を避けることができない航行中の船舶は,夜間及び昼間,それぞれどのような灯火又は標識(形象物)を表示しなければならないか。

【出題:21/10,23/04,26/07】

ヒント

海上交通安全法 第31条
海上衝突予防法 第27条 第2項

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。