三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 港則法 特定港の航法(1)

三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 港則法 特定港の航法(1)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(港則法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

右図に示すように,次の(1)~(3)の港において総トン数6000トンの動力船Aと総トン数350トンの動力船Bとが,×地点付近で衝突するおそれがある場合,それぞれどちらが避航船となるか。理由とともに述べよ。

(1) 京浜港
(2) 関門港(響新港区を除く。)
(3) 函館港

【出題:21/02,24/10,27/04】

ヒント

(1) 港則法 第18条

第十八条 汽艇等は、港内においては、汽艇等以外の船舶の進路を避けなければならない。

2 総トン数が五百トンを超えない範囲内において国土交通省令で定めるトン数以下である船舶であつて汽艇等以外のもの(以下「小型船」という。)は、国土交通省令で定める船舶交通が著しく混雑する特定港内においては、小型船及び汽艇等以外の船舶の進路を避けなければならない。
3 小型船及び汽艇等以外の船舶は、前項の特定港内を航行するときは、国土交通省令で定める様式の標識をマストに見やすいように掲げなければならない。

(2) 海上衝突予防法 第15条

(横切り船)
第十五条 二隻の動力船が互いに進路を横切る場合において衝突するおそれがあるときは、他の動力船を右げん側に見る動力船は、当該他の動力船の進路を避けなければならない。この場合において、他の動力船の進路を避けなければならない動力船は、やむを得ない場合を除き、当該他の動力船の船首方向を横切つてはならない。

2 前条第一項ただし書の規定は、前項に規定する二隻の動力船が互いに進路を横切る場合について準用する。

(3) 海上衝突予防法 第15条

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。