三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 港則法 その他(2)

三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 港則法 その他(2)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(港則法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

港則法及び同法施行規則に関する次の問いに答えよ。

(1) 船舶は,港内においては,どのような場所にみだりにびょう泊してはならないか。

【出題:23/07,27/02】

解答

① ふとう,さん橋,岸壁,係船浮標及びドックの付近
② 河川,運河,その他の狭い水路及び船だまりの入口付近

(港則法施行規則 第6条)

(停泊の制限)
第六条 船舶は、港内においては、次に掲げる場所にみだりにびょう泊又は停留してはならない。
一 ふ頭、桟橋、岸壁、係船浮標及びドックの付近
二 河川、運河その他狭い水路及び船だまりの入口付近

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。