三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 船体構造(7)

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 船体構造(7)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

鋼船の二重底(double bottom)に関する次の問いに答えよ。

【出題:22/02】

(1) 二重底の次の(ア)~(ウ)を構成している部材の名称をそれぞれあげよ。
(ア)上部 (イ)両側部 (ウ)下部

(2) 二重底内は,どのように利用されるか。2つあげよ。

(3) 二重底構造が,特に補強されている箇所又は区画を2つ記せ。

解答

(1)(ア)内底板,中心線内底板,(イ)縁板,二重底外側ブラケット,(ロ)キール,船底外板(正フレーム)

(2) 燃料油,潤滑油等の油槽または清水,バラスト水等の水槽として利用される。

(3)次のうちから2つ選ぶ。

① 機関室(大重量,振動等に対する補強)

② 船首船底部(パンチングやスラミングに対する補強)

③ スラスト受台又は特設ピラーの下部(等局部敵に大きな荷重が加わるところ)

④ 重量物を搭載する船倉の下

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...