三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 船体構造(9)

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 船体構造(9)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

鋼船の外板の厚さについて述べた次の文の[ ]内にあてはまる語句を,番号とともに記せ。

外板の厚さは,縦強度ばかりでなく,水圧や波の衝撃などに対する局部強度,腐食に対する予備厚さなどを考慮して,船の長さ,深さ,満載喫水,[ (1) ]の間隔などを基準に定められる。その結果,外板の厚さは,船の長さの方向には,一般に中央部が[ (2) ]く,船首尾に行くにつれて[ (3) ]くなる。また,同じ横断面では中央軸から遠い[ (4) ]が厚く,次は船底外板で,[ (5) ]が最も薄い。

【出題:23/04,26/04,28/10】

解答

(1)フレーム,(2)厚,(3)薄,(4)舷側厚板,(5)船用外板

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。