三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 計算(3)

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 計算(3)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。
※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

甲丸は,河水比重1.011{密度1011kg/cm3}の港に,平均喫水7.50mで入港し,平均喫水6.45mになるまで貨物を陸揚げした。揚げた貨物のトン数を求めよ。ただし,停泊中の燃料油及び清水等の消費は考慮しないものとする。また,海水比重1.025{密度1025kg/cm3}における甲丸のTPC(毎cm排水トン数)は27.0トンである。

注:{ }内の数値は,SI(国際単位系)によるものである。計算はどちらで行ってもよい。

【出題:20/07】

同種問題(数値のみ異なる)

【出題:22/10】甲丸,河水比重1.015{密度1015kg/cm3},平均喫水9.75mで入港 → 平均喫水8.03mになるまで揚げ荷。海水比重1.025{密度1025kg/cm3}における甲丸のTPC:49.0トン

【出題:25/04】甲丸,河水比重1.010{密度1010kg/cm3},平均喫水9.35mで入港 → 平均喫水7.81mになるまで揚げ荷。海水比重1.024{密度1024kg/cm3}における甲丸のTPC:32.0トン

【出題:27/07】甲丸,河水比重1.010{密度1010kg/cm3},平均喫水9.28mで入港 → 平均喫水7.24mになるまで揚げ荷。海水比重1.025{密度1025kg/cm3}における甲丸のTPC:21.8トン

【出題:30/02】甲丸,河水比重1.010{密度1010kg/cm3},平均喫水9.70mで入港 → 平均喫水8.83mになるまで揚げ荷。海水比重1.024{密度1024kg/cm3}における甲丸のTPC:48.4トン

解答

海水中から河口港へ移動したために生じる喫水の変化量がΔd(cm)とすると

W=排水量(17000トン)
T=毎cm排水トン数(27.0トン)
ρ=海水比重(1.025)(密度=1025kg/m3
ρf=河水比重(1.005)(密度=1005kg/m3

海水中における平均喫水dは

よって,河水中における平均喫水d’は

答:8.88m

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...