三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 低気圧(2)

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 低気圧(2)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

いったん閉そくした低気圧が,再び勢力を盛りかえして発達(低気圧の若がえり又は再生)することがあるが,これはどのような場合に生じるか。例を2つあげよ。

【出題:23/07,25/07,28/04,29/07】

解答

① 弱まった低気圧内に,新しい活力のある低気圧が入り込んで,これと合体する場合。

② 古くなった低気圧の領域に,側方から新鮮なさらに冷たい寒気団が進入してきて,古い寒気を暖気として新しい前線を形成し,再び低気圧の若い時代の姿を形成する場合。

③ 冬季閉塞した弱い低気圧が陸上から暖かい海面に出たとき,海面から水蒸気を供給されてその勢力を盛りかえして発達する場合。

以上から2つを選んで解答する。

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...