三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 乗揚げ

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 乗揚げ

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

船の浅瀬乗揚げ事故に関する次の問いに答えよ。

【出題:20/10,23/02,25/04,27/02,28/04,29/10】

(1) 浅瀬乗揚げ事故の原因として,一般にどのようなことが考えられるか。4つあげよ。

(2) 乗り揚げた場合,直ちにどのようなことを調査する必要があるか。4つあげよ。

解答

(1) 以下から4つあげる。

① 居眠りをしていた場合

② 船位不確認の場合

③ 水路調査が不十分な場合

④ 針路の選定・保持不良である場合

⑤ 気象・海象に対する配慮が不十分である場合

⑥ 操船が不適切である場合

⑦ 錨泊・係留が不適切である場合

⑧ 見張りが不十分である場合

⑨ 荒天措置が不適切である場合

(2) 以下から4つあげる。

① 主機関を停止しているか

② 船底各タンクを測深し浸水量から破損個所とその程度を調査

③ 船体回りの水深,底質海底起伏と船体乗り揚げ姿勢の関係

④ 舵,プロペラの損傷,主機関の異常の有無

⑤ 潮位,風浪,潮流が船体の姿勢保持に与える影響の予測

⑥ 乗組員,積み荷の状況

⑦ この外,船主,関係官庁へ乗り揚げ位置,乗り揚げ状況,今後の見通しの報告資料となるもの。

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...