二級海技士(航海) 航海筆記問題 レーダーの精度

二級海技士(航海) 航海筆記問題 レーダーの精度

以下は,二級海技士(航海)の筆記試験における,航海に関する過去問題です。

※ 出題は,平成18年7月から平成30年10月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

【出題:19/04,21/07,23/7】

方位分解能を決定する事項をあげよ。

問題2

【出題:19/02】

スコープ上で物標の映像の方位を測定する場合に、方位誤差をできるだけ少なくするためには、どのような注意が必要か。5つあげよ。

問題3

【出題:21/2,22/10 】

距離分解能を決定する事項をあげよ。

問題4

【出題:20/10,23/04,24/07,26/02(3つ),30/10】

最小探知距離を決定する事項をあげよ。

問題5

【出題:19/07類(5つ),21/04,23/02,24/4,25/07,26/04】

レーダーの最大探知距離に影響を及ぼす事項を6つあげよ。ただし、「レーダー指示器の最大距離範囲」は除く。

問題6

【出題:18/07,19/10,20/07,21/10,22/07,24/02,25/07】

FCT(Fast Time Constant)の機能について述べよ。

問題7

【出題:19/02,20/04,22/04,23/7,24/10,25/10】

STC(Sensitivity Time Control)の機能について述べよ。また、この調整を行っている場合、特に注意しなければならないことを述べよ。

二級海技士(航海)筆記問題
二級海技士(航海)の問題集を掲載します。