3N 航海 筆記試験問題 沿岸航法(避険線 応用編)

3N 航海 筆記試験問題 沿岸航法(避険線 応用編)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,沿岸航法に関する過去問題です。よく出る問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

右図は,霧中,沿海を航行中,レーダー表示面に現れている沿岸地形の映像を示したものである。小島(A)の付近には暗岩が点在し,警戒を要する海域であるが,これらから十分な安全距離を保って航行するには,レーダーによりどのような避険方法をとればよいか。図示して説明せよ。

【出題:21/07(類),25/02(類),26/07,27/04,28/10,30/02】

問題2

右図に示すように,レーダースコープ上に適当な航進目標(A)が得られる場合,暗岸(B)に対し,レーダーによる避険線をどのように設定するか。右図を転記して説明せよ。

【出題:21/10,23/10,25/07,29/02】

ヒント

レーダーには,どのような機能があるでしょうか。

ヒントは,可変距離環,平行カーソル,電子カーソル、そして電子カーソルのオフセットです。

この機能を活用して暗岩と本船の船首線若しくは本船からの距離を保つようにします。

それぞれの機能がどのようなものかを良く理解して活用しましょう。