3N 法規 筆記試験問題 見合い関係の判断

3N 法規 筆記試験問題 見合い関係の判断

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上衝突予防法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

海上衝突予防法に関する次の問いに答えよ。

(1) 船舶は,自船が追越し船であるかどうかを確かめることができない場合は,どのように判断しなければならないか。

(2) (1)の状況が,他の船舶の右げん正横後22度30分付近の位置で生じる場合と他の船舶の左げん正横後22度30分付近の位置で生じる場合とでは,どちらのほうが,より注意を要するか。理由とともに述べよ。

【出題:20/10,23/07,25/04,26/10,28/04,29/07】

問題2

航行中,自船と他船との見合い関係の状況を確かめることができない場合における判断について明示されているのは,どのような場合か。また,その場合には,どのように判断しなければならないか。

【出題:22/04,24/02,27/07】

ヒント

問題1

(1) 海上衝突予防法 第13条 第3項

(2) 海上衝突予防法 第13条 第14条

問題2

海上衝突予防法 第13条 第3項第14条 第3項

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 航海(全問掲載済み) 平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。 航海計器 ジャイロ...