三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 海上交通安全法 航路の横断

三級海技士(航海) 法規 筆記試験問題 海上交通安全法 航路の横断

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,法規(海上交通安全法及び同法施行規則)に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

航路における一般的航法によると,漁ろう船等以外の船舶が,航路をこれに沿って航行している他の船舶と衝突するおそれがあるときに,その船舶の進路を避けなければならないのは,航路外から航路に入ろうとし,又は航路から航路外に出ようとする場合のほか,どのような場合か。

【出題:21/07,22/10,26/04,28/07,29/07】

ヒント

海上交通安全法 第3条 第1項

(避航等)
第三条 航路外から航路に入り、航路から航路外に出、若しくは航路を横断しようとし、又は航路をこれに沿わないで航行している船舶(漁ろう船等を除く。)は、航路をこれに沿つて航行している他の船舶と衝突するおそれがあるときは、当該他の船舶の進路を避けなければならない。この場合において、海上衝突予防法第九条第二項、第十二条第一項、第十三条第一項、第十四条第一項、第十五条第一項前段及び第十八条第一項(第四号に係る部分に限る。)の規定は、当該他の船舶について適用しない。

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記試験問題の過去の問題を掲載しております。掲載している問題は、平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。