二級海技士(航海) 航海筆記問題 レーダーの映像障害及び偽像

二級海技士(航海) 航海筆記問題 レーダーの映像障害及び偽像

以下は,二級海技士(航海)の筆記試験における,航海に関する過去問題です。

※ 出題は,平成18年7月から平成30年10月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

【出題:18/07,20/04,21/10,23/02,24/10,26/07】

次の(ア)及び(イ)の場合に、他船のレーダーの干渉により、スコープ(表示面)上に現れる偽像について、それぞれ述べよ。

(ア) 他船が遠い場合 (イ)他船が近い場合

問題2

【出題:19/07,20/10,22/07,23/10,25/04,26/04】

航海中、スコープ上に現れる多重反射による偽像は、どのような原因によって起こるか。また、この偽像の現れる方向及び距離について述べよ。

問題3

【出題:18/10, 20/02類3つ, 21/02,22/04,24/4,26/02,30/10】

レーダーに関する次の問いに答えよ。

・スコープ(表示上)上に現れるサイドロープによる偽像は、一般に、どのような条件の下で現れやすいか。また、この偽像の特徴を2つあげよ。

問題4

【出題(ア):19/04,20/07,21/07,22/10,24/07】
【出題(イ):19/04,20/07,21/07,22/10,24/07,25/10】

レーダーに関する次の問いに答えよ。

・次の(ア)及び(イ)の電波の異常伝ぱについて述べよ。

(ア)サブリフラクション (イ)スーパーリフラクション

二級海技士(航海)筆記問題
二級海技士(航海)の問題集を掲載します。