3E機関3 筆記試験問題(11) 〔計算問題〕歯車の設計

以下は,三級海技士(機関)筆記試験,機関3 計算問題に関する過去問題です。

※ 出題時期は,平成22年7月から平成29年4月定期試験までの問題を調べたものです。

問題

2つの歯車において,モジュールが6で,歯車41と82の標準平歯車をかみ合わせるときの中心距離は,いくらか。

【出題:28/04】

解説

歯車の歯の大きさを決める基準としてモジュール(m)というものがあります。

モジュール(m)は,歯車の基準円直径(d)を歯数(z)で割ったものです(m=d/z)。

この問題では,2つの歯車の中心距離を求めなさいとなっております。中心距離は,それぞれの歯車の半径を足した値ですので,まずは,2つの歯車の半径を求める必要があります。

モジュールは,歯車の基準円直径を歯数で割った値ですから,基準円直径を求めるには,モジュールと端数を掛ければ良いということになります(d=m×z)。

そこで得た直径(d)を2で割れば,半径(r)が求められます(r=d/2)。

そして,それぞれの歯車の基準円半径を足せば,2つの歯車の中心距離が求められます。

答 368〔mm〕

機関長コース
海技士試験(機関)に関する情報を提供しております。