三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 タンカー(1)

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 タンカー(1)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

油タンカーが桟橋に横付け係留して貨物油の荷役を始めようとする場合,次の(1)及び(2)については,それぞれどのような状態にしておかなければならないか。

【出題:22/10,23/10,25/04,26/10,27/10,28/07】

(1) 係船索

(2) 甲板の排水口

解答

(1) 係留位置が動かないよう,各係船索の弛みをとりテンションが均一になるよう調整する。オートテンションウィンチの設備を有している場合でも,潮位変化が大きくない状況ではオートテンションとせずにブレーキを掛けた方が確実である。

(2) 甲板の排水口は,プラグにより完全に閉鎖し,空気抜き管等からの漏油を生じた場合においても船外への油漏洩,流出を防止する。

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...