二級海技士(航海) 航海筆記問題 オートパイロット

二級海技士(航海) 航海筆記問題 オートパイロット

以下は,二級海技士(航海)の筆記試験における,航海に関する過去問題です。

※ 出題は,平成18年7月から平成30年10月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題1

【出題:18/07,19/07,20/04,21/04,21/10,22/07,23/7,24/4,25/04,26/07】

オートパイロットの当て舵調整(Rate adjustment 又は Checking rudder adjustment)の機能について述べよ。

問題2

【出題:30/10】

操舵制御装置の当て舵調整(Rate adjustment 又は Checking rudder adjustment)の機能について述べよ。

問題3

【出題:18/10,19/04,20/02,20/10,21/07,22/04,23/02,24/02,25/02,26/02】

オートパイロットの舵角調整(Rudder adjustment 又は Helm adjustment)の機能について述べよ。

問題4

【出題:19/02,19/10,20/07,22/02,23/04,23/10,25/10】

オートパイロットの天候調整(weather adjustment)の機能について述べよ。

問題5

【出題:24/10,25/10,26/04】

オートパイロットの船首方位制御方式における比例(戻し舵)及び微分動作(当て舵の制御)について説明せよ。また、積分動作(制御)はどのようなことを修正するのに利用されるか。

二級海技士(航海)筆記問題
二級海技士(航海)の問題集を掲載します。