塾長の目的

塾長の目的は、「できるだけ多くの海事人材を世に送り出す」ことです。

そのために自分に何が出来るだろうと考えたとき、ずいぶん前、当時の上司から私の大先輩が機関と航海の海技士資格を持っていた私のことを「あいつは資格マニアだ」と言っていたというのを聞いたことを思い出しました。

そんな資格マニア(?)ならば、資格を取得するためのアドバイスが出来るのではないかと思い、まずは、海技士資格に関する情報を提供していこうということで、このサイトを始めました。

では、なんで、その目的に至ったのか?ということですが、そのことについては、長くなるので少しづつ、お話ししたいと思います。

関連記事(できるだけ多く海事人材を世に送り出す)

その11『あなたにはまだ早い』(口述試験からの反省):2018.5.5

その10『内航タンカーの船長に言われた一言』(海技資格の利用方法):2017.2.18

その9『自分なりの責任の取り方』(自分の作った制度に対する責任):2017.2.8

その8『船乗りさんの休暇村』(過去の失敗と海技塾):2017.1.28

その7『そんな手があったのか!』(大学編入試験):2017.1.18

その6『将来どんな仕事がしたいですか?』(練習船にて):2016.12.21

その5『心のライバル』(優れた同級生):2016.11.30

その4『ぽっかりと開いた心の穴』(国家試験の後):2016.10.26

その3『目指せ国士(国試)!!』(遊びほとんど,勉強2時間):2016.9.23

その2『20代前半の船乗りの思い』:2016.8.16

できるだけ多くの海事人材を世に送り出す(その1):2016.6.9