三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 タグの使用(2)

三級海技士(航海) 運用 筆記試験問題 タグの使用(2)

以下は,三級海技士(航海)の筆記試験における,運用に関する過去問題です。

※ 出題は,平成20年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。「平成/年」を数字で示しております。

問題

港内でタグを使用して操船する場合,どのような注意が必要か。

【出題:26/02,27/04,28/02,28/10,30/02】

解答

稼働限界内で使用する。中小型のタグでは風速8m/sec。大型のタグでは15m/sec程度を目安とする。自船の主機関の使用状況によっては,タグに過度の負荷を与え,タグを危険な状況に陥らすことがある。使用上には次の点に注意する。

① 本船の速力を6ノット以下にする。

② タグを横倒しの状態で引っ張らない。

③ 複数のタグを使用する場合は,タグの名称と指示内容を間違わないようにする。場合によってはタグを番号で呼ぶことも有効である。

④ 操舵号令(押し,引きの方向とその強さ)を統一する。

参考文献

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成24年度版,成山堂書店,2012年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成27年度版,成山堂書店,2015年

航海技術研究会編:最近3か年シリーズ 三級海技士(航海)800題 平成30年度版,成山堂書店,2018年

三級海技士(航海)筆記問題
三級海技士(航海)筆記問題 平成22年7月から平成30年2月定期試験までの問題を調べたものです。 参考文献 東京海洋大学海技試験研究会...